タ行

体位変換

自力で体位を変えることのできない人の床ずれ、血行障害、疼痛(とうつう)、感覚マヒ等の防止のため、介護者の介助によって、定期的に体位を換えることをいいます。長時間同じ姿勢で寝ていると体の同じ部分に圧迫が集中し、血行不良を起こしやがて床ずれの原因になります。一部の血行不良は全身の血液循環にも影響します。心臓や、肺などの機能低下を招く危険性があります。少なくとも2時間以上同じ姿勢のままでいることのないように、こまめに体位変換をしてあげましょう。

第1号・第2号被保険者

介護保険制度では、被保険者や保険料を1号・2号と分類しています。65歳以上の方は1号被保険者、40歳から65歳未満までの方は2号被保険者となります。

対人社会サービス

社会福祉制度を通じて、利用者に提供されるソーシャルサービスの中で、対人関係をもとに提供されるサービスのことです。具体的には相談援助活動とか介護援助がこれに当たります。パーソナル・ ソーシャル・サービスの訳ですが、対人福祉サービスともいわれています。

他動運動

間接可動域訓練の一つで、介護が必要な高齢者・障害者等身体の中で動かしていない部分を、他者が動かすこと。拘縮や麻痺があり、ふだん動かしていない関節を動かすことで、マッサージ効果による血行がよくなり、機能維持・機能低下の防止、廃用性症候群の予防等の効果が期待できる。

 短期入所

 老人短期入所施設、特別養護老人ホームなどの福祉施設に短期間入所し、在宅の寝たきり老人を世話する介護者に代わって一時的に保護するサービス。

 短期入所療養介護

 介護保険法に基づく居宅サービスの1つで、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、医療法による療養型病床群を有する病院又は診療所等に、短期間入所させ、看護、医学的管理下における介護、機能訓練等の必要な医療、日常生活上の世話を行うサービス。

 地域包括支援センター

 公正・中立な立場から、地域における高齢者の (1)総合相談・支援 (2)介護予防マネジメント (3)包括的・継続的マネジメント  を担う中核機関です。

 超高齢社会

 65歳以上の高齢者の占める割合が全人口の21%を超えた社会。日本が超高齢社会となるのは時間の問題といわれている。また、65歳以上の高齢者の占める割合が全人口の7%を超えた社会は「高齢化社会」、14%を超えた社会は「高齢社会」と呼ばれる。

 中心静脈栄養

 介護認定調査における特別な医療に関する項目の1つ。消化器疾患などのため経口摂取できない患者の大静脈にカテーテルを挿入し、これによって高カロリー輸液を行う栄養法のことをさしている。

 通所介護

 在宅のお年寄り等に施設に通ってもらい、生活指導・機能訓練・食事・入浴・健康チェックなどのさまざまなサービスを日帰りで提供するサービス。

 通所リハビリテーション

 精神医療、老人医療、障害者福祉、老人福祉等の分野において、在宅にありながら介護老人保健施設や病院・診療所などで、日帰りで受ける心身機能の回復を目的としたサービス

 デイホスピタル

 在宅で介護されている患者に、昼間の間だけ治療やリハビリテーションを行う医療施設。

 特例居宅介護サービス費

 居宅要介護被保険者が、要介護認定の効力が生じる前に緊急に指定居宅サービスを受けたときに支給される費用のことです。サービス利用者の方は、まず全額を事業者に支払い、その後市区町村に申請し、サービス費の9割が戻ってくるという償還払い方式で利用料を支払うことになります。介護給付の一種です。

 特例居宅支援サービス費

 居宅要支援被保険者が、要支援認定の効力が生じる前に指定居宅サービスを受けたときに支給される費用のことです。サービス利用者の方は、まず全額を事業者に支払い、その後市区町村に申請し、サービス費の9割が戻ってくるという償還払い方式で利用料を支払うことになります。予防給付の一種です。

 特例施設介護サービス費

 居宅要介護被保険者が、要介護認定の効力が生じる前に緊急に施設に入所したときに支給される費用のことです。サービス利用者の方は、まず全額を事業者に支払い、その後市区町村に申請し、サービス費の9割が戻ってくるという償還払い方式で利用料を支払うことになります。介護給付の一種です。

 トランスファー

 移乗動作のこと。車いすと便座、浴槽、ベッドなど、同一平面でない場所への移動動作をさす。

 トランスファーシート

 介護者の介護負担の軽減や腰痛予防のため、内側が滑りやすく特殊加工された布性の筒型シート。

 特定疾病

 65歳未満の方(第2号被保険者)でも、介護保険で対象となる特定疾病が16種類あります。 ①末期のがん、②関節リウマチ、③筋萎縮性側索硬化症、④後縦靱帯骨化症、⑤骨折を伴う骨粗鬆症、⑥老期に開ける認知症、⑦進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病、⑧脊髄小脳変性症、⑨脊柱管狭窄症、⑩早老症、⑪多系統萎縮症、⑫糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症、⑬脳血管疾患、⑭閉塞性動脈硬化症、⑮慢性閉塞性肺疾患、⑯両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症